» 2016 » 4月のブログ記事

7勝

| 日常生活 |

5月24日、ナゴヤドームで中日ドラゴンズ対読売ジャイアンツ戦が行われましたが、中日はむなしく敗れてしまいました。
ナゴヤドームでは8回表の攻撃前に中日ドラゴンズのマスコット「ドアラ」が「バック転」を行いますが、2015年の成績は24日現在7勝17敗で10の借金となっているだけではなく、「バック転」に失敗すると8回表の相手チームが得点してしまう嫌な「おまけ」もついているようです。
中日ドラゴンズファンだけではなく、「ドアラ」のことが好きなプロ野球ファンやそうでない方も固唾を呑んで「バック転」を見ているそうです。
NHK-BS1でナゴヤドームから中継される場合、スーパースローモーションにした「バック転」を解説者が真剣に説明しているようです。
2014年「バック転」に失敗すると、解説していた野球日本代表監督の小久保裕紀は、「(中日が)リードされていてもこの『バック転』はひねりを入れなければ」と厳しい発言がありました。
着ぐるみを装備した「バック転」は辛いですが、「バック転」の成功率が低かったこと、選手たちの「厳冬更改」と重なり、2013年のシーズン終了後の「ドアラ」との契約は、野球協約ギリギリの25%ダウンで更改しました。
予断ですが、「ドアラ」の給料である現物支給される食パンは、1回につき更改前1kg、現在750gです。
現状のままでは、また減俸になってしまうので、セパ交流戦と後半戦そして成績によってはポストシーズンでも「ドアラ」に頑張ってもらいたいです。
ブランド品を出張買取りで売ってみる