骨盤というのは、人間が二本足で立ったり歩いたり、しゃがんだりというさまざまな動作の要となる部分です。また、多くの臓器も骨盤に守られるように位置しているため、非常に重要な体の部位であることは間違いありません。実際のところ、骨盤が歪むという事はまずありえない状態です。交通事故などにより、大きな衝撃を受けない限り、骨盤が歪んでしまうようなことはありません。しかし、人間が生活を送っている中で、筋肉のバランスや、姿勢の悪さなどから、骨盤の周辺の均衡が取れなくなり、骨盤が歪んだような状態を引き起こすことはあります。骨盤周りの筋肉や腱などのバランスが崩れることで、より姿勢が悪くなり、均衡が崩れてしまうために、腰痛などの痛みが出ることがあります。同時に、体の要となっている部分がスムーズに動かない、機能しないことで、必然的に代謝が落ちてしまい、痩せられない原因となることも考えられます。守られている臓器の機能も阻害されれば、便秘なども引き起こしますから、痩せられない場合は骨盤周辺のアンバランスが影響している可能性は高いと言えるでしょう。デトックス効果と体質改善できるクレンズフードとは?